*そらみつ*

良く好く、悪くもゆるゆる自由人。だらしなく甘い日常の色々。
良く好く、悪くも
ゆるゆる自由人。

だらしなく甘い日常の色々。
2014.feb22

2014.feb22

此処を、お休みしてから

もう直ぐ2年目に入ります。

もう少しお休みしますね。
(untitled)

(untitled)

近影。

健康ではありませんが(負傷中)
まあまあ、やって居ります・・・。
***

***

「めいそうちゅう」。

どちらの意味なのか判らない。
多分ね、どっちもなのです。

上手く行かないなあ、等と
がっかりすることもあったから
「めいそうちゅう」。

そして、心を穏やかにする為に
「めいそうちゅう」。



猫さんは苦手だけれど、遠くから
見ているのは好き。
写真で見るのも好き。黒猫ラブ。

このページだけで、猫は何匹いる?
林檎のパイは頭の上に・・・

林檎のパイは頭の上に・・・

常識では想像も付かないことを
愉しくやれたら良いなあ。

ぽろぽろとこぼれる想像たちを
集めて、どう形にして行こうか?
夢だけは何時だって、大きいよ。

緩やかにスピードを上げて。
世の中の流れに、乗ってみよう。

先ずは、頭の上の林檎のパイを
落とさない程度の速度で、ね。
未だ、怖いからね。
(置いて行かれる方が、もっと怖い)
smile*

smile*

スミレは、smile*
(穏やかに笑いたいね)

画像は、昨日お友達から頂いた
可愛いスミレ。

私の本家ブログを観て、送って
下さったのです。

想い出して下さったことが
何より嬉しく、支えになるのですよ。
本当に、ありがとうございます。



昨日は幾度となく、ぎゅぎゅっと
目を瞑り、深い溜め息を付いた。

綴りたいことは、まだまだ沢山
あるのだけれど・・・。
ぐうっと堪えて居ります。
悲しい気持ちはあっても、
出来るだけ、笑顔で居たいのです。

たくさんの人達に、改めて
心からの感謝の気持ちを・・・。
***

***

夜のフリーマーケットにて。
またまた、購入。3足目。

模様が素敵なのだもの。
柄やカラフルなタイツって
大好きです。
お洋服は無地が多いけれど。

総柄のワンピースは、憧れ。
(背が低いので、躊躇うの)



昨日。

「原宿の某店で打ち合わせ」という
メールを貰って、
「南青山で、お使いして来て」と
図々しいことを言う私・・・。

展示会、お疲れさまでした。

今後、注文が増えたらうれしいね。
永久に芳しいものを

永久に芳しいものを

輪の中から、出られません。
自分しか居ない輪の中。



いつの間にか、月命日に
文章を綴らなくなった。
忘れたのではないけれども、
以前に比べて、想う時間は
少なくなっている。

謝るのは、違うのでしょう。
でも、やはり
「ごめんなさい」と言わずには
居られないのです。

もう、同じ後悔はしない。



(私はまだ、行けないので・・・)
先ずは、下界下町の天国にはきっと
辿り着いてみせます。

出来れば、夏に行きます。

夏の都会が好きだったでしょう?
お祭りのような、あの馬鹿げていて
そして愉快な空間に居ることが。

天国への、お手紙です。

最後に

一緒に食べたのは、和菓子でしたね。

2月14日は、バレンタインデーでは
ないのよね・・・私にとっては、ね。

明日、甘いものをお供えに行きますね。

***

(16日追記)

もうすぐ、3月がやって来る。
緊張というか、不安というのか・・・
色々な感情が湧き上がって、忙しない。

我が家は、半壊だったのですが
先週ようやく、壊れた壁などを少し
直して頂きました。

お風呂は使えるけれど、天井はヒビが
入ったまま。お風呂の壁は360度全て
ガタガタに崩れています。
(ビニールを貼って、応急処置のみ)

直すのは未だ、先になりそうです。

お家があるだけ、幸せなのです。
本当にそう想います。
リリを連れて

リリを連れて

誰か、どなたか、
私に黒猫を下さい・・・。

なんてね。冗談。
(いつか自分でお迎えします)

この子を連れて渡仏して
「大好きです」って、
自分の言葉で伝えられたら。
きっと、これから何だって
出来る気がするのです。

夢がまたひとつ、増えました。
兎の目で

兎の目で

今年も、あとわずか。

一区切りを迎えたけれど
未だ、どうしても後ろを
振り向いてしまいます。

色々なものが、壊れた。
人の心は大きく傷付いた。

たくさん泣いた。
涙は枯れていない。まだまだ。

赤くなった両のまなこで
傍らを見れば、やさしい人達。

何時だって余裕のない私は、
更に更に余裕を失くして、ただ
自分のこと(気持ち)で精一杯。
でも、それではいけないの。
これは、言い訳でしかないから。
(私個人にとっては、です)

支えられずにひとりで生きている
人なんて、誰もいない。

今年は特に、数え切れないほど
たくさんの人達に心から
「ありがとうございました」と
伝えたいです。

(同じくらい、ごめんなさい、も)



どんな時だって、
「ありがとう」の言葉が自然に出る
そんな人でありたい・・・。
(これって、当たり前のこと。
でも、出来ない人も多いでしょう?)